そういえばこの水槽ももう1年

じつはここ半年の間にいろんな事で結構お金を使っちゃってて、現在、水槽に全くお金をかけられないこのブログの中の人。
もうね、鉛巻き1個も躊躇ですよ。
そんなわけで、年始から始まった水槽立て直し計画も、できるだけお金をかけない方向でなんやかんややってたわけです。
といっても、特に考えや知識があるわけでもないので「根っこさえ残ってれば何とかなるでしょ」と、バッツンバッツン水草を切り刻んでいただけなんですが…

Img_20200211_155110_20200407114201
Img_20200211_155146_20200407113901

以前貼ったこの写真、日付を見ると2月11日にこんな感じに切り刻んでたんですが…


Img_20200404_112750

気付けばここまで復活。
いやー、根っこさえ残ってれば何とかなるもんだな!
今回は、右側のロトンディフォリアが水面まで到達したので、トリミングしたいと思います。
この水槽で、コケに覆われた部分を泣く泣く切るトリミングではなく、形を整えるトリミングをする日が来るなんて!


Img_20200404_114155

…もうちょっと切っても良かったのかな…?
慣れていないという事がもろわかりです。


そういえば、先日産まれてたプリステラの子供ですが、せっかくサテライトにお引越しさせたのに翌朝には流されたのか何なのか元の水槽に戻っていたので、もうそのままにしてあります。あまり網で追い回すのもアレなので…。
餌はまぁ…自力でここまで大きくなってるんだから、何かしら食ってるんでしょ!という事で。

とはいえ、存在を認知しているのに餌を与えないのもあれなので、粉状の餌を購入して少量ばら撒いてます。
最初は微妙な反応でしたが、餌と認識してからは食欲も旺盛で前にも出て来てくれるようになったので、とりあえず一安心です。


Img_20200404_205426
ちょこまか具合が激しいので、写真を撮るのは激ムズです。

| | コメント (0)

こんなこともあるんですね

さて、前回の記事で年末年始頃の腐海の様子を書いたんですが、今回はそれ以外の出来事。
この3ヶ月で起こったあれこれをちんたら書いていこうと思います。



◆こんな事やってました◆

Img_20191216_204852

昨年末なんですが、夜間エアレを再開しておりました。
油膜というかバクテリアの死骸的なものが多く、飼育水もなんとなくとろみがかっている気がしたので、ここは基本に立ち返って、というわけです。
効果はよくわかりませんでした。
この頃は絶不調でしたからね…まさに焼け石に水。



Img_20200310_100334

これは3月に入ってからなんですが、色々やってても何かいまいち。
「環境の改善」とはアクアリウム界隈のネットの記事でよく見かける言葉ですが、環境の改善って言っても何をどう改善すればいいのやら…というのは初心者あるあるなんじゃないのでしょうか。
実際私もよくわからないままなので、ちょっと別角度から試してみました。

先日遮光した際に余ったプラ段で、左側面だけ常に遮光してます。
右側は隣に家具があるので大丈夫。左側は、直射日光こそ当たらないんですが、奥に窓があるので、日中はうっすらと明るいのです。
今まではそこまでシビアにならなくても…と、あまり気にしていなかったんですが、やれるものは何でもやってみよう、と。
それに、余ったプラ段切るだけなので、タダです。タダで出来るならやらない手はないです。
そして、効果はよくわかりません。


他にはナチュラルフローパイプをシャワーパイプに戻したりなんだり。
最近黒髭には無縁なので、もうちょっと水流あってもいいかなーと。水流に気を使う魚もいないし。


…そう、水流に気を使う魚がいないんです。具体的にはベタとか。




◆いろいろいなくなりました◆

昨年末からの話なんですが、親戚が我が家に長期滞在していたんですね。

他の魚はすぐ逃げるのにこの赤いのだけは寄ってくる。触っても逃げない!

…と、ベタが超お気に入りのようで。
あんまり触ってほしくはないんだけどなあと思いながらも、まあちょっとの期間だから…と、何も言わなかったんですが、それからしばらくして、

なんか赤いのが動かない!奥でじっとしてる!

と狼狽えていたので、あちゃー、やっぱちょっと調子崩しちゃったかー、叔母にはちょっと注意して、ベタは塩浴でもさせとくか…と、網ですくってびっくり、超松かさになっちゃってる…やっぱり超ストレスだったんだろうなあ…
そしてそのまま亡くなってしまいました。
叔母も自分のせいだとだいぶ気にしていたようですが、なってしまったものはしょうがない。切り替えていくしかないです。


そしてそれ以外にも、ここ最近でポツポツ減ってきてます。
現在のメンバーはプリステラ×5、ネオンテトラ×1、オトシンネグロ×2、ヤマト8匹くらい、石巻貝×1、色抜けチェリーシュリンプ数えてない、以上になります。

何かすっかり寂しくなったので、ここらで生体投入といきたいところなんですが、まずはコケ撲滅が最優先です。
今の状態が落ち着いたら、また何か入れたいなあ。


…と、そんなことを考えながら、ぼんやり水槽を眺めていたんですが、そしたらなんと!


Img_20200313_194515_20200318190601
Img_20200316_193745

…プリステラの子供が生まれておりました。
ええええー!プリステラって勝手に繁殖すんの???
とんでもないサプライズです。

たぶんあれですかね、流木裏側のパールグラス、去年の秋くらいからずっと放置で、伸びた部分だけピンチカットを繰り返していたんですが、あのエリアに卵が落ちたので、親も手出しができなかったという事でしょうか。
そして最近流木をどかした際に、ドン引きするくらい下葉からコケに覆われていたのでばっさりカットしたんですが、それで流木の隙間が見やすくなって発見できたと。
いやー、こんな事もあるもんなんだな…。


Img_20200314_110355

しかし発見してしまったからには隔離せずにはいられない!
というわけでサテライトにお引越し頂きました。
体長は5ミリ~10ミリ程度のようです。
それにしても、ここまで大きくなっているという事は何かしら食ってたという事なんでしょうけど、何食ってたんだろ………コケかな?

| | コメント (0)

いろいろやってみました

前回おひさしぶりの記事で書いたのが、ブログ放置期間中の去年の出来事。
今回は今年に入ってから今現在までの出来事などをちんたら書いていこうと思います。




まずはこいつを見て頂きたい。

Img_20200113_174156
Img_20200106_175726
Img_20200106_175642

これが1月中旬くらいの我が家の水槽の様子です。
全体の写真を撮ってなかったのであれですが、写ってない部分も概ねこんな感じです。光合成して気泡を出すコケ。まさに腐海。

立て直すといっても、こっから一体どうすればいいんだ…というかどうにかなんの?これ



Img_20200114_193449
Img_20200114_193454
Img_20200114_193432

手始めに前景を中心に、コケった草たちをばっさりやっときました。
結構際際の部分までハサミを入れちゃいましたが、根っこさえ残ってたらそのうちまた生えてくるだろうからヘーキヘーキ!たぶん…
このまま消滅してしまったら、その時はまたその時でまた何か植える事としましょう。

そしてびよーんと伸びた後景は整える程度にカット。
本当は伸びた綺麗な部分を差し戻したかったんですが、そこまで時間も気力もなく…という事らしいです。




しかしこの選択が後々仇となります。
上記のメンテの時点で後景も漏れなくコケまみれだったんですが、いくら上をカットしてもコケた下葉部分はそのまま残るわけです。

Img_20200211_125638

後景のロトンディフォリアはトリミング後1ヶ月もしないうちにここまで伸びたんですが、下葉は相変わらずコケまみれ。
ちょうど石の上の黒ずんだ部分がそれです。

このままトリミングとか繰り返しても、問題の部分は結局そのままになってしまうので…


Img_20200211_155110
Img_20200211_155146

こちらも際際の部分までハサミを入れて丸坊主に。
根っこさえ残ってたらまた生えてくるだろうからヘーキヘーキ!
このまま消滅してしまったら以下同文、というわけです。


無謀に見えますが、これの1ヶ月前に同じようにバッサリいったポゴステモンヘルフェリーは新芽を出しながらじっくり成長しており、これもたぶんいけるんじゃないかなーと。
何というか、最近は綺麗なレイアウトとかは諦めてて、水草の健やかな成長を見守る感じになっちゃってます。これはこれで。

あと、中景で大きく育ったポゴステモンヘルフェリーも適度に間引き。
こいつって意外に厄介なやつで、でかくなるのは見栄えがして良いんですが、密集してくると下葉が弱ってぽろぽろ剥がれ落ち、そこがコケの温床になってしまいます。
なので定期的にピンセットを歯間ブラシみたいに動かして弱った葉を浮かせて除去してるんですが、そうなると下葉がスッカスカになってしまい、ヤシの木状態になってしまいます。綺麗に維持するのが激ムズです。



で、それはそれとして、そこから3週間…

Img_20200303_094445
Img_20200303_181531

徐々に来てる気がします!
なのでこのタイミングで肥料を仕込んでみました。
カミハタスティックを1センチ弱に切って数粒。

そして現在に至ります。
一時期の腐海は脱したように見えますが、細かい部分を見ると、まだまだ怪しい部分は色々あります。
そこは水草たちに頑張ってもらいましょう。


長くなってきたので今回はこのへんで。
次回は、この間に起こったその他の出来事なんかが書ければと思います。

| | コメント (0)

いろいろやってませんでした

遮光開始から1週間が経ちました。
魚たちや水草たちにとっては超迷惑な手段に手をつけてしまいましたが、それもこれもこの日の為!暗黒パワーの効果たるや如何に!?


…って、それを書いてるのは、その2か月半後なんだけどな!
前回も、そのまた前回もおひさしぶりです的な事から書き始めたような気がしますが、今回もまたまたおひさしぶりでした。
あれから色々な事があってまあまあ忙しくしてて、ちょっとブログまで手が回りませんでした。


で、それはともかくとして、遮光を経て完全に強まった我が水槽の様子がこちらになります。


Img_20191207_173500

どどーーん!


…あれ?あまり変わってない…ような…。



Img_20191207_173557
Img_20191207_173523

しかし、よくよく見ると、そこにはひたすら上を目指すグロッソの残骸と、力無くひょろひょろ伸びるロトンディフォリアの姿が。
なんというか、全体的に覇気が感じられない!(そりゃ遮光してるからね)

あと…

Img_20191207_173541

肝心のブリクサに至っては、全く変化なし!
いや、まじで何なんこいつら…。



だがしかし!ここまではある程度、想定の範囲内!
ここから第2作戦に移行します。



Img_20191207_175102
何にでも興味津々、ヤマトの糞にも例外なく興味を示す

いくら変化が見えないといっても、弱まってはいるはず。
という事で、精鋭ヤマト部隊の投入です。今回、8匹導入しました。
数を入れすぎる事によるデメリットもあちこちで書かれているので今まで3~4匹くらいしか入れてなかったんですが、もうデメリットとか言ってられるような状況ではないんです。
というわけで計11匹の一個小隊がここに完成!さあ遮光で弱まったコケどもを一気に食い尽くすのだ。



そして数日後…

…あかん…こいつらブリクサのコケに全く興味示さへん…



Img_20191210_182613


そして結局いつもの如く苔の生えた葉をぷちぷちカットしてたらこんな有様になってしまいました。
健康な葉はなるべく残すように細心の注意を払ってカットしたんですが、残った葉にもそのあとコケが蔓延してしまい、結局この後全カットされる事になりました。
あんだけ根が張るからこっからでもどうにかなるでしょへーきへーきの精神です。


…で、ここらへんまではまだ手をかけられる余裕があったんですが、このあといろいろ忙しくなってしまい、水槽は放置状態に。
最低限度の水替え程度はやっていたんですが、あとは日々成長するコケを見守るのみ。もうね、本当に目に見えて成長するんです。
その状態が1か月程度続いて、1月の中旬くらいからちょっとづつ手を加え始めたんですが、それはまた次の記事で。1か月後?いや、今回が2ヶ月半ぶりだったから3か月後くらいかな?

| | コメント (0)

中華水槽

前回、気付けば1ヶ月というタイトルで記事を書いたんですが、ひさしぶりに更新して油断してたら、あれからもう2週間経っちゃってました。時間がものすごい速さで過ぎて行きます。


前回の内容は水槽内にちょっと不穏な空気が漂ってる的な事だったんですが、あの時書いたこと以外にも、気になる事がもうひとつありました。
それは油膜。以前から多少はあったんですが、ここ最近ちょっとひどいです。水面は、ちょっとした中華料理レベルのとろみもあり…いや、そこまではないか…。とにかくとろとろです。
あと、なんか白いゴミみたいなものも浮遊してます。ひょっとしてこいつがバクテリアの死骸ってやつ?
何にしても、どっかバランスが狂ってるんだろうなーと思います。


そしてそんな下降気味の我が家の水槽の現在の様子がこちら!




Img_20191130_172634

絶賛遮光中!
これを書いてる今現在で、4日目突入です。1週間くらいやるんでしたっけ?
魚たちにはひもじい思いをさせてしまって非常に申し訳ないのですが、今は耐え忍んで頂きたい!
あと3日後にカバーを外すと、そこにはコケのない別世界が!的な事を期待してます。ほんとに超期待してる。

…なんというか、こんな時、以前だったら「コケの蔓延許さんです!駆逐してやるです!」的なテンションでがんがん水槽に手を突っ込んでたんですが、今回何故か全くそういう気になれなくて、今までやった事がなかった遮光に手を出してみました。水草も弱るだろうから、今まで避けてたんですね。
全体的にモチベーションが下がっているという事なのでしょう。
でもまあ、のんびりやるつもりなので、モチベーション下がってるなら下がってるなりにちんたら管理して、上向くのを気長に待つことにします。

ちなみに黒いカバーですが、プラダンを切ったものに100均のフックを取り付けて水槽の淵に引っ掛けてます。これで気が向いたらいつでも遮光が出来るね!



とりあえず………

Img_20191129_115944
Img_20191129_120004
Img_20191129_115936

このへんが暗黒パワーでどうにかなってくれれば。
前回記事から遮光開始までの間、コケの酷い部分は1回トリミングしてみたんですが、そんなの問答無用のお構いなしみたいな感じでした。
特にブリクサは酷いです。みるみるうちに、全部こんな感じになっちゃいました。

次回更新は遮光明けの様子をお伝えしたいと思います。
(そういえば遮光直前の全景撮るの忘れてた…)

| | コメント (0)

«気付けば1ヶ月