20180526

Img_20180526_194622

石や流木、アヌビアスナナのコケがいい感じにすっきり!
先週はコケの付いた葉をカットする作業が日課になっていましたが、今週は何もしなくても大丈夫な感じです。さすがヤマト部隊、なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20180525

Img_20180525_200056

いつの間にかわさわさ増えてたサルビニアククラータをがっつり間引き。
増えすぎたら実際本当に邪魔なんですが、せっかく育ったものを捨てるというのは何というか忍びない。
そんな時は例のあそこ!
前に書いたと思うミナミヌマエビの外飼い発泡。いつの間にかメダカもいたり、増えすぎた水草をここでも育つか実験的に放り込んでみたり、適度にいろいろやってます。
直射日光が1日1時間くらいしか当たらないから今の時期はどうかと思うんですが、他に場所もなかったし、夏場はかえってそのほうがいいかなーとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20180524

Img_20180524_205956

帰宅して水槽を見ると、浮草に紛れて差し戻したはずの水草たちがぷかぷか…。
ヤマト部隊の仕事ぶりは手抜き知らずです。

ベタですが、ずいぶん慣れてきたので、昨日サテライトを撤去しました。
餌やりにひと工夫必要ですが、なんとかなりそうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20180523

Img_20180523_190331

いろいろやりました。

本日のメニューは、アヌビアスナナを例によって酢漬け攻撃→後ろの有茎草各種をばっさりカット→差し戻し→ニューラージパールグラスもざくざくカット→半分埋めてあって取り出せない石に酢を直接噴射攻撃→ガラス面のコケを激落ちくん風スポンジで擦り取る→水換え

…以上です。

有茎草各種は超適当にざっくざっく切ったので仕上がりが酷い事になってますが…でもまあ…ここらへんはそのうち伸びてくるから(震え声)。

差し戻しはそろそろ戻すスペースが無くなってきつつあるんですが、その割にはもさっと感に欠けるような気がします。
でも今回差し戻したのが伸びてくれば、次あたりにはきっといい感じのもさもさに…なるといいんだけど、どうだろ?いや、今度は大丈夫でしょう!今回、全部で50本近く差し戻してるし。
欲を言えば右端に一番ボリュームが付いてほしいんですが、給水パイプがちょっと邪魔です。

そういえば給水パイプで思い出しましたが、この日、長すぎた給水パイプも調整して、ストレーナースポンジを装着しました。これでいつ稚エビが生まれても安心だぜ!
アヌビアスナナのコケも酢漬けでいい感じに食べやすそうな色になってきたので、こっからはレッチェリにおまかせ!

…って、あれ?今日、レッチェリ見てないぞ?あれだけ有茎草エリアを引っ掻き回したのに。

そうそう、ここに書き忘れていましたが、グラスブラッドフィンを入れてから、やつらがあまりに忙しなく動き回るせいか、エビがあまり出てこなくなってしまってたんです。よーく見ると1~2匹見えるかな?みたいな感じで。
多分奥に引っ込んでるだけだろうと思ってたんですが、この日は本当に全く見ない。昨日は3匹見えてたのに…。


Img_20180523_211716

…というわけで、ついに最終兵器に手を出しました。
ちょっと水槽内での存在感がありすぎて、いかにも”虫!”って感じがするので今まで避けてきてたんですが、様々な事態を一気に打開するにはこれが一番手っ取り早い!とりあえず3匹!

投入直後から早速ばりばり仕事を始めるヤマト部隊。
すごい、こいつらにツマツマなんて可愛い表現は似合わないですね。ぶちぶち引きちぎってるのが見えます。コケも、水草も…。

そしてレッチェリですが、ヤマト投入後しばらくしてひょっこり姿を現しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20180522

Img_20180522_200318

最初こそびびりまくり逃げまくりだったグラスブラッドフィンですが、一旦餌を口にしてからはこいつは餌を与える存在だという事を認識したらしく、前面に出てくれるようになりました。というか、豹変ぶりが凄すぎんよ…。
こいつの食事に対する貪欲さはえぐい。餌を投入すると「ここにある餌、ぜーんぶ俺のもん!全部!俺の!」的な、鬼気迫るものを感じる。
今までは3匹仲良くもぐもぐタイムだったものが、今や戦場と化してしまいました。
とくにうちにいるGHDは餌の選り好みが激しく、今までいろいろな餌を試してみたんですが、今のところ食べてくれる餌はメディベタの粉状になった部分とプレコタブのみ。気に食わない餌はペッと吐き出します。本当にどうやって今まで生きてこれたんだろう。
なので、今まで餌はなるべくGHDの真上に投入して優先的に食ってもらってたんですが(これしか食わないから)、今ではそこへ集団でやってきてぼっこぼこにして奪い去って行きます。
グラスブラッドフィンで検索すると「古くから知られている飼いやすい魚」というような記述を多く見かけるんですが、昔から居て安価で飼いやすく見た目も良いのにいまいち個人のブログとかで飼ってる記述を見かけないのは、こういう部分なのかなあ。


そういえば、グリーンロタラがここ最近結構な勢いです。
今までシャワーパイプがセンサーにでもなってるかのようにそこで成長が止まり、そこから曲がりくねるを繰り返していたんですが、今回は限界突破に成功した模様。
早速ばっさりカットして差し戻さなきゃ(酷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«20180521